CBSI | シービーエスアイ株式会社

港ヨコハマに拠点をおき世界トップクラスの舶用機器メーカーの製品を各国から輸入販売することで、社会に貢献しています。

トップページ > 取扱い製品 > JOWA USA > 舶用製品 > メトリテープ式液面センサー(舶用)

メトリテープ式液面センサー(舶用)

歴史

メトリテープが、米国のマサチューセッツ州はボストンの北西、車で小一時間のリトルトンという町から初めて世に出たのは1965年でした。 既に40年余り過ぎた事になります。当初は取得特許を基本に製品化をしましたので、今で言うところのベンチャービジネスとしてのスタートでした。 ご承知のように国際特許は15年で切れますので、現在特許はありません。
しかし、その基本原理、取り扱いなど非常にシンプルで分かりやすいにもかかわらず、今日に至るも類似製品が現れていいない理由は、その製造工程のノウハウにあると思われます。捲線をキチッと同じ張力で全長にわたって捲くこと、出来上がり状態で長さ1m毎に1000Ωの抵抗を保つこと、など極めて難しい微妙な作業を伴いますので、この辺が参入の障壁を高くして居る理由かと思われます。
日本への本格的な導入は1993年からはじまりました。 それ以前にも、船主支給やOEM での納入はあったようですが、メーカーによる本格的な参入とはいえませんのでここでは割愛します。
実績表は別途用意しておりますので、ご覧いただけます。
歴史は長くなりましたが、そのユニークな特徴は色あせることなく、今も燦然と輝いています。
メトリテープは基本的にはメンテナンスフリーのシステムです。ぜひ、メトリテープの特徴をご理解頂き、貴社の省力化、コスト削減にお役立ていただければ幸いです。

メトリテープ式液面センサーの作動原理

本センサーの基本構造はSUS 材のベースストリップ③(幅20mmx厚1.0mm)上に5mm ピッチで巻きつけられた細いニクロム抵抗線①がベースストリップ③中心前部の金メッキされた幅2mm の金メッキ帯②に、タンク液の外圧によって押し付けられ抵抗値が変化することを利用しています。

絶縁フィルム④がベースストリップ前部の両脇(スペーサーの役)および後部を覆っており抵抗線は正確に5mm ピッチで巻かれており、その外側はさらにフルオロカーボンフィルム(フッ化炭素フイルム)あるいはハステロイフォイル⑤で保護されています。

タンク内の液体がこのフイルムを押しますと抵抗線①がベース板の中心部の金メッキ帯接点②に接触して抵抗値を変化させます。圧力が無くなると(液体面が下がりテープから離れると)抵抗線は元に戻り、金メッキ帯接点②から離れます。ニクロム抵抗線①の下端はベース板③最下部に溶接されています。

センサーテープ全体は保護チャンネル⑥で保護されています。 また、このセンサーは最大33m のタンクまで使用出来、いずれもタンク上部から保護管内に吊り下げることで設置出来ます。
独立ハイアラーム(IHA)は同一保護管内に取り付け出来ますので、船体への取り付け構造が簡素化されます。抵抗値は液面1mあたり1000Ωですが、正確な測定値は各センサー毎にタグに記されています。
タンク内液体とゲージを隔離する絶縁フイルム④内の空気は液面の上下動さにより移動します。この移動空気圧力をバランスするため、センサーヘッダー内部に空気緩衝部分を設けさらにフイルターを経由してタンク内圧力とバランスを保っています。メトリテープセンサーは基本的にはメンテナンスフリーのシステムですが、このフイルターだけは約4 年毎に交換していただくことをお奨めしています。

また。センサーテープの万一の点検あるいは交換は、甲板上のハウジングから簡単に出来ますのでタンク内に入る必要はありません。センサーテープには温度センサーの取り付けも可能で、最大3 点までの温度計測が出来ます

#

技術データ

センサー長さ 1-36m
温度範囲: -15-107℃
被覆材: ハステロイC276、ポリプロピレン、303ステンレス(LA-HNはナイロン12)
可動巻線: 230mm、センサーゼロから始まり、センサーボトム70mmまで。
巻線分解能: 5mm
始動深さ(AD): 125mm水頭、較正時オフセット
比重の影響: 1%の増加が通常1mmの液面変化になる(較正可能)
抵抗値の傾向: 1000Ω/m、±1%
捲線温度係数: 40 ppm/℃
周波数応答: 0-0.1 Hz(1mの振幅ごと)
センサーフィルター: ポリプロピレンとバイトンtd>
フィルターの寿命 アプリケーションによるが48ヶ月
圧力均衡: 直接均衡、±1 atm
温度検出: 最大3点まで、2線白金式(TP)、位置はボトムから0.6m、トップから3m、それにセンサーの中間点
承認: ツェナーバリアーを使って本質安全を確保、FM: Class I, Division 1 Group C, D
重さ: 2.5kg、プラス0.24kg/m
出荷保存: ダンボール製のリールにまかれ箱に入れられています。(107×107×8cm)、パッキングの重さはセンサープラス3.63kgです。

ページトップへ