2012年3月12日

治療開始以来二度目の検診でした。

前回(第一回目)の検診では、血液検査のPSAマーカー値が10.3から1.18へと大きく下がったわけですが、(境界値は4.00)今回はさらに大幅に下がり0.07でした。 主治医もちょっと驚いていました。理想は0.00ですが、実際には”ゼロは測定不可能”だそうで、測定可能最低値は0.01だそうです。ですから、この状態(0.01)が何回か続くと、ほぼガン細胞は消滅したと考えてよいそうです。

ただ、私の場合、今のホルモン療法だけでガン細胞を消滅させることはほぼ不可能だろうというのが主治医の見解です。理由は、生検12か所すべてからガン細胞が検出されたことと、ガンの悪性度ランクが一番悪い10だったことによるそうです。

ですから、主治医によりますと、放射線療法を併用し、残ったガンを死滅させるといいのではないかとのことでした。(当面は様子見)
私は、現在のフコイダンや玄米のことは主治医に告げておりませんので、もう少し様子を見ようと思っています。現在の玄米とフコイダンで、新たな治療を行わず完全復活させたいという希望を持っていますが、どんなもんでしょうか?