医者は病気を絶対に治せない

以下は崎谷医師の書かれた文章の一部ですが、「なるほど」と思わせる部分がたくさんあります。皆さんはいかがお感じでしょうか?  2013.04.25

(ここから)
な ぜ多くの人が病気に苦しんでいるのでしょうか?
世の中にたくさんの健康食品、テレビや本で紹介される健康法が出回っているにも関わらず、一体なぜ多くの人がガン、心筋梗塞、脳梗塞、痴呆症などにかかり、命を失う結果になっているのでしょうか?
理由は2つあります。
病気にかかるのは、実はあなたの責任では無かったのです。
全て今の医療界、健康業界が抱える致命的問題の『せい』なのです。
詳しくお話します..

病気にかかる理由1:

医者は病気を絶対に治せない
多くの人が健康でありたい、病気を治したいと願っています。
今の日本で病気にかかった場合、おそらく95 % くらいの人は 病院に行くという選択肢をとると思います。
ですが、20年以上医者をやってきた私が断言します。
医者は病気を治す事が出来ません。
これはもう絶対的な事実であり、99 . 999 % の病気は 現代医療で治す事は出来ません。
今年は2013年です、21世紀になってからもう10年以上が経過したのに、私たち医者はただの風邪ですら治すことはできません。
ビデオでもお話しましたが、腫瘍を切ったり、破れた血管を繋いだり、 物理的なこと以外医者には何もできないのです。
私は医学の道に入って一番最初に実感したのがこの事実で、 正直な話かなりショックを受けました。
どうあがいても 私たち医者には病気を治す事は出来ない、 つまりスタート地点で既に袋小路でした。
だからこそ少しでも意味のある事をと思い脳外科の道を選んだのです。
ある意味、ここが医者としての大きな分かれ道になると私は考えています。

実は何もできないのに偉そうな医者

実のところ、お医者さんと呼ばれる人達は 自分の無力を理解 しています。
薬は全て対症療法であり、誤魔化しでしかない事を 分かった上で処方を書いています。
自分が実はあまり意味がないことをやっている自覚を持った上で 仕事をやっているのです。
なのに、 とても偉そうな医者が多いです。
多分、医者という職業が「難関」であり、無条件で 尊敬される可能性が高いからだと思います。
医者か弁護士、という言葉があるように、 『お医者さま』は社会的地位がとても高いのが事実です。
決して全員がそうという訳ではないのですが、残念ながら 日本の医者は世界的にみてあまりレベルが高いとはいえません。
医者という立場に慣れてしまう人がとても多いのです。
エリートと呼ばれる優秀な医者は自分の論文の事で頭が一杯で、患者さんのことが実験材料のように見え始めます。
町のお医者さんは向上心を失い、流れ作業で薬を処方するだけに なっていくケースが殆どです。
今この手紙を読んでくださるあなたは既に知っていると思いますが、 私たちの身体は私たちの 『自然治癒力』でしか治らない のです。
これは基本にして真実、大前提のはずなのに『医者』という立場になると こんな単純な事実が目に入らなくなってしまいます。
結果、『病気を治す』という本来の目的をみんな忘れています。
医者の社会的地位にあぐらをかく駄目医者か、木を見て森を見ずの
研究家になってしまうのです。
なぜこんな本末転倒が、命を預かるはずの医者という職業で 横行しているのでしょうか?
歴史上、そもそも治す気がない西洋医学
実は、西洋医学は病気を治す為に存在していません。
「え?突然何を言い出すんですか、崎谷さん。 病気を治すのがお医者さんでしょ?」
と思われるでしょうが、今日本で信じられている西洋医学のスタートは かなり特殊な状況でした。
西洋医学のスタート、それは「資本主義」のスタートと ほとんど同じなのです。
西洋医学は「資本家がお金を儲ける為に作られた」というのが真相です。
これは殆ど知られていない、重要な事実ですので詳しく説明します。
今世界で主流となっている西洋医学のスタート、 これは20世紀初頭のアメリカです。
あなたも映画等で見たことがありませんか?
田舎から出てきた人達が都会の工場で一日15時間の肉体労働、 車を作ったり鉱山で働いたり、ボロボロになるまで働き続ける、その犠牲の上に大金持ちが立派な服を着て、大きな家に住み、
おいしい物を食べる、そういうことが露骨に行われた時代です。
この時代、お金持ちにとって労働者は「部品」でしかなかったのですが、 お金持ち達には困ったことがあったのです。
それは 過酷な労働のせいで労働者が身体を壊してしまう事 です。
最初の頃は「代わりはいくらでもいるから壊れたら次連れてこい」くらいの
気持ちだったお金持ちですが、新しい人を雇うとまた0から仕事を教えないといけない、儲からない仕事が増えているということに気が付きました。
これでは逆に儲けが減ってしまう、なんとか出来ないか、
そう思った彼らが考えたのが、恐ろしい事なのですが
「完全に駄目になるまでは無理やり働かせろ!」
「痛くて働けないなら無理やり痛みをとってしまえ!」
この結論です。
割れたお皿を買い換えるとお金が掛かるから接着剤でくっつけよう、
また壊れたらもう一回接着剤、完全に粉々になって 使えなくなったらじゃあしょうがないから新しいのを買おう、
これと全く同じ考え方で、労働者をできる限り安く、 最大限に働かせたい!そういう欲求です。
ですから 治すなんてまどろっこしい事には興味がありません 。
以下に素早く、壊れた労働者というパーツを素早く 労働力として復活させるのか、興味のポイントはそこだけです。
そして、そんなお金持ち達の希望を叶える為に発達した技術、 それが日本中の医者が大学で学ぶ医学、つまり
『現代西洋医学』
なのです。

既に100年以上現代西洋医学の誕生から時間がたっていますが、 状況は当時から全く変わっていません。
私たちは身体に悪い物を『早くて楽だから』という理由で 毎日のように食べています。
しかも大きなストレスを抱えながらやりたくない仕事をお金の為に続け、 どんどん身体を悪くしています。
そして病気になったら医者と薬です、それが『常識』だからです。
生きる為にお金持ちがもっとお金を稼ぐ為に働く、身体を悪くなったら 薬で症状を誤魔化してすぐに仕事に戻る、
100年前と何も変わっていないどころか、悪くなっているかもしれません。
100年です。
当時と比べれば技術も知識もありえないくらい 発達しているはずです。
なぜこれだけの時間が経ったのに、西洋医学はスタートした時と同様に
私たちの身体を 『治す』事ができない のでしょうか?
いくらスタートが悪かったとはいえ、一生懸命研究を
続ける人達は大勢いますし、日々新しい発見がされています。
善意で動く医者もたくさんいるはずなのに、どうして私たちは
今でも薬を飲み、対症療法の治療を受け続けているのでしょうか?
それは、あなたの病気が治らない医療業界の致命的欠点2に繋がります。

病気にかかる理由2:

行き過ぎた金儲け主義
説明した通り、西洋医学は労働者を限界まで働かせる為にスタート したのですが、 当時のお金持ちは物凄い事に気付いてしまいました。
それは、
『病気を治す振りをすればずっとお金が入ってくる』
という事です。
考えてみれば当たり前ですが、バシっと病気を治してしまえば
そこで患者さんは満足してしまいます。
でも病気の原因は取り除かず痛みだけを取れば、その場では
治ったように感じても、また痛くなり戻ってきます。
麻薬と一緒です。
使ったその瞬間は気持ちが良くても、長期的には どんどん身体が壊れていきます。
ですがお金儲けをする側からすれば壊れてくれるなら まさに『儲けモノ』なのです。
だって問題が増えれば増えるほど出せる薬が増え、 もっともっとお金が入ってくるのですから。
労働者を働かせる為に利用した手法が『医療』の名の下に 合法的な麻薬として成立してしまったのです。
結果、大きな利益を生み出す『現代西洋医学』は 優先的に研究費が周り、国から優遇され、世界の医学の中心となりました。
日本はまだマシな方で、アメリカ人なんかは
『薬を飲まないのは馬鹿』
というレベルまで薬漬けにされています。
そして世界一薬を飲むアメリカ人の健康状態は、恐らく あなたもご存知の通り、極めて酷い状況です。
平均寿命を見てみると先進国としては下から二番目に位置しています。
アメリカの『現代医学』の水準は世界最高レベルのはずなのですが、 その医学が国民を健康にしていない事は明白です。
こうやって書くと、『崎谷さん、過去の権力者が世界の医療を 掌握してるだなんて非現実的です。
崎谷さんは陰謀論者なんですか?』
と言われてしまいそうなのですが、これは別に 陰謀でもなんでもありません。
一部の人間がお金儲けで始めたことが、ある意味で私たちの 希望を叶えてしまったのです。
例え一時的だったとしても、痛みを取ってくれるのだから、 多くの人が現代西洋医学を求め、認めてしまったのです。
マクドナルドなんかと一緒です。
物凄く健康に悪い食事であり、99 % の人はそれを理解しています。
でも、早く、安く、それなりの食べ物が出てくるという便利さから マクドナルドは全世界に広がっています。
『今、この瞬間、すぐに痛みをとってほしい』
その欲求を満たして欲しい人達とそれを満たせばお金が物凄く儲かる人達、 それが組み合わさってしまった結果が金儲け主義医療です。
問題は、 この事実を誰も語らないことです 。
『医者は病気を治せません』
『薬は痛みを一時的に取るだけです』
『痛みは取れても副作用でもっと悪くなる場合が殆どです』
この事実をそれこそ小学校で教えるべきなのです。
病院に行く、薬を飲む、これらは最終手段であって
『どーしても明日までに仕事を終わらせないといけない、
治るのが遅くなってもいいから熱を下げてくれ!』
こういうケース以外には必要ありません。
病気になった=病院で治す
この考え方が広まってしまっているのは極めて危険であり、 私たちは洗脳されているのです。
繰り返しになりますが、西洋医学は病気を治しません。
病院に行っても不必要な検査、不必要な薬、不必要な手術で お金儲けに利用されるか、実験対象にされるだけです。
私たちは、私たちの身体が本来持っている自然治癒力を高め、 自力で治す他には病気を治す方法は無いのです。
特に今回の崎谷式ナチュラルパレオ食事法で改善されるガンや 痴呆症などの病気には、西洋医学は全くの無力です。
治らないのに放射線治療、抗がん剤投与、手術で無理やり 身体をいじくりまわすなどして患者は副作用で苦しむ羽目になります。
そんな光景をもう何度見たか、思い出したくもないというのが本音です。
医療不信につけこんだ偽物の数々
最近は、かなり多くの人がこの事実に気付いてきています。
事実、今回のプロジェクトでもたくさん意識の高いコメントをいただき、 私自身とても嬉しく思います。
ですが同時に、 医療不信につけこんだエセ健康法が 物凄い勢いで広がっているのも感じています 。
医者が信用ならないならば、自分で自分の身を守るしかありません。
多くの人が健康でありたいと思っています。
その為に巷に出回っている健康法の本を読んだり、健康食品を買ったりて
色々な方法を試しています。
しかし、それらの商品や手法を売っている販売者は はっきりいって信頼できないといわれて久しい医者以上に、 お客様の健康には興味がない場合が殆どです。
『このサプリを取れば健康になります!』
そんな煽り文句が溢れていますが、 確固とした証拠はありません。
「私はこれで治った!」とお客さまの声を載せたり、 何処かの研究所の実験データを証拠みたいにみせてきますが、
プロからみればデタラメにもほどがあります。
10万人に販売して1000人が思い込みで治ればお客様の声は ばっちりです。
1 % しか効果がなくても堂々と販売できます。
ようは「効果があると騙せればいいや」「話題になればいいや」それくらいの気持ちで世の中に出回っている物が物凄く多いのです。
基本的に本屋さんで目立つ本、テレビで頻繁に紹介される手法は、 本当は役に立たない詐欺マガイ であるケースが非常に多いのです。
なので、彼らは真の健康法や本当に効果が実証されている栄養学、科学的に 「効果がある」と確認できる具体的なステップには興味がありません。
たくさんの方から
『〇〇という手法を試していて、効果の実感は 無いけれど半信半疑で続けている』
というコメントをいただきました。
とても残念な事ではありますが、 そもそもあなたを健康にする気がない方法 をいくら試したところで、結果が出ないのは悲しいかな当たり前なのです。
健康食品の嘘は医者の比ではありません
私は実際に健康食品の開発に携わったこともあるのですが、 基本的にサプリメントを作るのは大変なお金が掛かります。
断言してしまうのですが、コンビニやドラッグストアで買える商品の 値段でまともな物を作るのは不可能です。
同じ理由でテレビ CM をやっている商品もクオリティを保つのはかなり 難しいと言わざるをえません。
テレビで広告を出すのはウン億円というお金が必要です。
それで売っているのが数千円、高くて1万5千円の商品、 少なくとも6割は広告費、商品にかかっているお金は 数百円くらいだと思います。
これはつまり 原材料のクオリティには一切興味がない証明 です。
残留農薬がべったりと残ったような 中国産の原料を使わなければ、 こんなビジネスは成り立たないのです。
ズルはできません
結局のところ、私たちは自分の身体に嘘がつけないのです。
人間というのは何百万年も前から存在していて、生き残る為に 進化を重ねてきました。
何百万年という時間をかけて、私たちの身体に最も適した食事と いうのが作り上げられていったのです。
私たちの食生活というのは何万年、何十万年前の時点で既に 完成していたのです。
何度かブログでもお話しましたが、1万年より前の人間には
ガンも脳梗塞も痴呆症もありません。
慢性病といわれる病気の痕跡が少しもないのです。
1万年前の人類は今より栄養状態も悪く、洞窟に暮らして何時猛獣に襲われるかわからないストレスの多い生活を送っていたはずです。
それなのに怪我さえなければ70才くらいまでは病気もせずに 元気にピンピン生きていたのです。
私たちはそんな彼らの子孫なのですから、本当ならガンや痴呆症に なるはずはありません。
それが、私たちが本来持っている自然治癒力の凄さです。
私たちの身体が遺伝子的に求めている食事をすれば、 あらゆる慢性病から完全に解放されるのです。
その食事というのがつまり、『崎谷式ナチュラルパレオ食事法』です。
現実的な手法
私は医者となってからの20年間、常に理想と現実のギャップを 嫌というほど思い知らされながら生きてきました。
一生懸命勉強して、寝る間も惜しんでバイトをしてやっと医者になれると
思ったら、医者は結局患者を管理しているだけな事を痛感しました。
 『西洋医学は病気を治せない』
その非情な事実を受け止め、なんとか意味がある事をと求めて 脳外科の世界に進みました。
ですがそこは命を削り、家庭を諦め、ボロボロになりながら それでも一生懸命に働く世界でした。
必死になってついていきましたが、力及ばず身体と家族を 修復不可能寸前のところまでに追いやってしまいました。
脳外科の世界は
『食うな、寝るな、風呂に入るな』
という世界です。
家に帰ることは殆どできず、家の事は妻に任せきりです。
深夜になんとか家に戻り眠っていても、突然の呼び出しで病院に直行しなければなりません。
子供は眠っているのに大きな音で電話がなり、起こしてしまいます。
貴重な休みのはずが、まったくリラックスできません。
たまに休暇がとれて家族サービスをと思い、子供と遊園地に行こうとすれば
入園直前でポケベルに呼び出しがかかるのです。
こういうことが一度や二度ではなく、何度も何度も起こりました。
でもあまりの忙しさで、深く考える暇はなかったのです。
執刀医である私がいなければ手術はスタートしませんし、患者さんはそれこそ次から次へとやってくるのです。
たくさんの人が病気を抱え、なんとか治したいと手術を受けにくるなかで 疲れたからといって休みをとる訳にはいきませんでした。
特に脳梗塞なんかは一刻を争うケースが多いのです。
自分の肩に患者さんの命の責任がのしかかっている状況で 泣き言をいうわけにはいきませんでした。
本当の事をいえば、泣き言をいいたかったです。
苦しい、もう無理だ、助けてくれ、 そう叫んで逃げ出したかったです。
でもそんな事はいえないのです。
周りの医者もみんな同じ状況で命を削っていたのです。
誰も私の泣き言なんて聞いてくれないし、そんな事を考える事自体が 許される事ではありませんでした。
だから、ガムシャラに仕事を続けることで不安や恐れを 忙しさで塗りつぶしました。
働いて働いて、そして身体を壊しました。
仕事中にぶっ倒れ、生きるか死ぬかというレベルの高熱が出て 入院を余儀なくされました。
幸い一命は取り留めたのですが、そこが私の脳外科医としての限界でた。
家族に迷惑をかけ、身体を壊し、それでも自分自身の将来が まったく見えてこない。
ただただ働き続け、家庭を顧みることもできず、最後には私の教授のように息子が自殺するような未来が待っているんじゃないか、
そんな風にしか考えられなくなりました。
そんな状況で『患者さんの為に』といって激務を続けられるほど 私は強くありませんでした。
脳外科を諦めようと決めた瞬間、あの瞬間ほどに 『現実は決して甘くない』
そんな単純な事実をあれだけ、強く感じさせられたことはありません。
『治す事』を求めて入った脳外科では、医者本人、そして医者の家族が どんどん壊れていっていました。
例え患者の血管を塞げたとしても、周りはどんどん崩壊していました。
『病気の根本的原因を突き止めてそこを解決しない限りは
本質的な意味で“治す”のは不可能である』
これが、私が否応なく辿りついてしまった結論であり、 私の今の活動の原点となっています。
現実は厳しかったです。。。
脳外科医を辞め、根本治療の道を探し始めたのは良いものの、 やはり現実は非情でした。
薄々感ずいてはいましたが、 私の学んできた西洋医学には人間を 総合的にみたデータというのが 全くなかったのです 。
肝臓はどうだ、心臓はどうだ、脳はどうだ、 人間の身体の部分、部分だけを見ているデータばかりで、根本的な問題を探るアプローチというのがそもそも存在していませんでした。
それならじゃあ東洋医学だ、そう思って鍼だったりを調べてみたのですが、
こちらは『自然治癒力を生かす』という考え方は素晴らしいのですが 肝心の効果がないのです。
正確な実験をしてみると、治療をやった場合と治療をやった振りだけ
した場合の効果がまるっきり一緒なのです。
色々と調べてみたのですが、東洋医学にこれという物を 見つける事は出来ませんでした。
完全に八方塞がりとなってしまったのですが、私には何故か 絶対に道はあるという確信がありました。
その確信を信じて、医療という範囲を超えて人類学、遺伝子学、生物学、 考古学などの広い範囲の勉強を続けたのです。
そして、ようやく辿り着いたヒントが
『一万年以上前の人類には慢性病が存在していなかった』
という事実です。
本物の手法との出会い
この事実に可能性を感じた私は、この分野の研究にのめりこみました。
そして同様の着眼点から既に研究を始められていたコーダイン博士に行き着いたのです。
このコーダイン博士の研究に驚いたのは、とにかく圧倒的な量の証拠です。
欧州、イギリス、アメリカ、世界的に権威のある医学、栄養学の雑誌に何十年にも渡って確固たる論文を掲載し続けているのです。
世の中には星の数ほどの健康法が存在していますが、ここまで明確なデータ、 証拠が揃っている物はこのパレオダイエット以外に存在していません。
私が長年捜し求めた
『病気を ” 治す”方法』
その道が明確に示されていたのです。
お客様の声は役に立たないとお伝えしましたが。。。
それでも言わせてください。
私は実際にこのパレオダイエットを学び、自分自身で、そして 私の患者さんにも実行していただきました。
結果はまさに驚くべき物でした。
いえ、厳正な実験でデータが出ている手法です。
だから効果があるのは当たり前ともいえるのですが、それでも あまりの圧倒的な効果に私は信じられない思いでした。
まずは私自身の話なのですが、実は私は元々菜食主義を行っていました。
激務の末に一度身体を壊し、健康の大事さを痛感しましたのでマクロビオティックを実行していました。
実際玄米菜食に切り替えてから、体調自体はかなり改善されました。
食欲が増して元気が出てきましたし、感情的にも落ち着きが出てきました。
やはり菜食主義は身体にいいとこの時確信し、肉を完全になくし、 玄米をたくさん食べる生活に切り替えていきました。
ですが、厳密なマクロビオティック生活を続けていると、 自分の体力が落ちてくるのを感じ始めました。
午前中は良いのですが、昼寝をしないと集中力が続かないのです。
夜になると完全に散漫になってしまい、うまく頭が働きません。
一時は収まっていた口内炎や、持病の迷走神経反射も 段々と酷くなってきました。
これをパレオダイエットに切り替えたのですが、 ほんの数週間で 目に見える効果が現れ始めました。
一番最初に実感したのは倦怠感が綺麗さっぱり消えてしまった事です。
食べる量としては減ったはずなのに、身体の調子がとにかくよく、 一日中疲れずに仕事ができるのです。
更に常に2箇所はあった口内炎、これもすぐになくなってしまいました。
口内炎というのは慢性炎症の証拠であり、これが消えるというのは地味ですが凄いことなのです。
加えて、治療法らしい治療法のない迷走神経反射までが 一切発生しなくなりました。
正直、本当にびっくりしました。
長年の激務でボロボロになっていた身体が、数ヶ月と経たない内に すっかりよくなってしまったのです。
自分自身で試して驚くべき効果が出たので、実際に 私の患者さんにも試して頂きました。
本当にたくさんの方がよくなったのですが、長くなってしまうので ほんの一部だけを紹介させていただきます。
(以下省略)