CBSI | シービーエスアイ株式会社

港ヨコハマに拠点をおき世界トップクラスの舶用機器メーカーの製品を各国から輸入販売することで、社会に貢献しています。

トップページ > 取扱い製品 > JOWA AB > DIESEL SWITCH MK II/自動燃料油監視混合切替装置(特許取得済)

DIESEL SWITCH MK II/自動燃料油監視混合切替装置(特許取得済)

DIESEL SWITCH MK II

概要

MERPOL ANNEX VI REGULATION 14 and 18
低硫黄燃料油規制対応品

MKIIの主な特徴

  • 自動でHFO,MGO/MDOの混合切替を安全に行います。
  • 切替時の混合油の温度を監視しながら硫黄濃度、粘度を計算し切り替えます。
  • 特許取得のアルゴリズムにより常に最適な混合比を計算します。
  • 燃料油の硫黄濃度を外部出力(4 – 20mA)することが出来ます。

メリット

  • 機関室の燃料システムや主機に対してダメージやエンジンストップ等の危険が全くありません。
  • 船の運航パターンにより切替が頻繁になっても安全に切替を行います。
  • 手動切替による事故の危険がありません。
  • 自動切替による時間切替時間短縮により、切替時のMGO/MDOの消費を大幅に削減出来ます。
  • SECAでは混合油の使用が認められる区域では効率の良い混合でMGO/MDOの燃料消費を節約出来ます。
  • 連続監視している為、適切な燃料油切替の証明として記録を残すことが出来ます。
  • 自動切替なので乗組員が変わっても安全に切り替える事ができ、オペレーションの軽減になります。
  • 搭載燃料油の種類を減らし、バンカリングの回数を減らす事もできます。

安全性

  • 常に計算値と実測値の温度を比較モニタリングしています。
  • 切替時に計算上の温度と実測値の差が許容値を超えた場合ALARM→手動復帰
  • 実測値の温度変化が2℃/MIN以上になった場合
  • ALARM→混合自動停止→許容値範囲に戻る→自動的にALARM前の状態から運転開始

信頼性(世界で唯一下記証明書取得/ECAでの切替、混合運転を正式に承認)

  • GL型式承認取得済
  • (Automatic change over and blending system for HFO, MDO,MGO fuels / approved for installation between fuel service tank and fuel booster unit of diesel engines )

  • IMO Germany 証明書
  • CERTIFIACTE of ACCEPTANCE issued by official German Ship Safety Division, department of IMO for controlling rules of MARPOL ANNEX VI.

ページトップへ